精力増強サプリの効果とダポキセチンによる早漏治療

2019年06月24日
落ち込んでいる男性

精力増強サプリの主成分はアルギニンやシトルリンなどの血液の流れを良くする成分ですが、この二つの成分はペニスに血液を集中させる作用が強いので人気となっていて、ほとんどの精力増強剤に含まれています。
アルギニンはアミノ酸の一種で疲労回復にも効果があるので、中高年の男性の精力増強に効果があり、成長ホルモンの分泌を促進することで、筋肉が増えやすくなるので、男性ホルモンの分泌も増やすことができます。
ダポキセチンはSSRIの薬で、脳内のセロトニンの活動を正常にするので、副交感神経系の働きを改善して、緊張や不安を取り除くので早漏の男性に効果があるとされています。
早漏の主な原因は精神的な不安や緊張などで、女性に対してリラックスして接することができるようになると自然に完治します。
しかし交感神経の働きが強いと副交感神経系の働きが弱まるので、ペニスに血液が流れにくくなるので、それによって早漏などの症状になりやすくなります。
ダポキセチンを服用すると気分が落ち着くので早漏を改善することができますが、さらにダポキセチンの作用として射精を遅くするという作用があるので、それによって早漏の治療をすることができます。
交感神経が働いていると血液は脳や心臓に集中するのでペニスの血液が減少してしまいますが、副交感神経系の活動が活発になるとペニスや消化器などに血液が流れるので、緊張感が和らいでリラックスをしてセックスができるので、早漏の症状が出にくくなります。
ダポキセチンは比較的副作用が少ないのですが、飲み続けなければ効果がないので、早漏が治るまでは毎日服用しなければなりません。
早漏が改善してきたら少しずつ薬の量を減らして、徐々に服用を中止しなければなりません。