早漏のコンプレックスとダポキセチン

2019年08月06日

早漏は何らかのショックや女性に対するコンプレックスが原因で起きるとされていて、これを防ぐためには不安を取り除いたり、緊張しすぎるのを防ぐことが必要になります。
ダポキセチンは脳の交感神経系の興奮を抑える作用があるので、効果的に早漏を予防してコンプレックスによる症状を改善することができます。
ダポキセチンはSSRIの薬で脳のセロトニン受容体に作用するので、交感神経系の興奮が起こりにくくなります。
交感神経系が興奮しなくなると精神状態が安定するので、セックス中に不安な気持ちになるのを防ぐことができます。
しかしダポキセチンは根本的に早漏と治療する薬ではないので、コンプレックスに関しては自分の考え方を改めなければなりません。
早漏は思春期の若者に多いのですが、その理由としてはあまりセックスをしたことがないことや、女性に対して偏見や不安な感情を持っていることで緊張することなどがあります。
不安や緊張に関しては認知行動療法などを行って徐々に克服しなければなりませんが、SSRIの薬を用いると効率的に治療ができるので、薬を服用しながら早漏克服のための認知行動療法を行うのが良いとされています。
薬を服用するだけでは一時的に症状を抑制するだけなので、セックス中にリラックスできるようにしなければなりません。
またダポキセチンには射精を遅らせる効果があるので、服用していると射精までの時間が長くなります。
これはダポキセチンの副作用の射精障害ですがこれを利用して早漏を改善することができます。
この薬は脳に作用するものなので、使用上の注意を守らないと薬を中止するときに頭が痺れるなどの症状が出やすいので医師の移動に基づいて服用する必要があります。