刺激に弱い状態をダポキセチンで改善する方法

2019年11月01日

ダポキセチンは早漏を治療する薬ですが、SSRIの副作用を利用したものなので、射精が遅くすることができますが、効果が実感できるまでには数週間の服用が必要となります。
ダポキセチンはもとも抗鬱剤として開発された薬の成分なので眠気や不安などの副作用が出る場合があるので、医療機関を受診して医師の指導のもとで服用しなければなりません。
またダポキセチンは早漏の症状を改善することができますが、服用するだけでは根本的な治療にはならないので、正常なセックスができるという自信がついたら、徐々に薬の量を減らして最終的には断薬をしなければなりませんが、ダポキセチンは薬の量を減らすと副作用が出やすいので医師に相談をして服用量を調節しなければなりません。
ペニスが刺激に弱い場合には、ストレスが大きく関わっているとされているので、亀頭の部分の感覚を薬で麻痺させることで早漏を防ぐことができます。
また包茎が原因で早漏になっている場合にはセックスの前にウエットティッシュで亀頭部分を清潔に保つことが大切で、それによって炎症などのトラブルを防ぐことができますが、ウエットティッシュにはアルコールが含まれているので、その刺激によって早漏になりやすくなる可能性があります。
基本的にはウエットティッシュを亀頭などの敏感な部分に使用するとその刺激によって早漏の症状が悪化することがあるので注意が必要です。
刺激に弱い状態を改善するためには精神的な部分が大きく影響しているので、認知行動療法などにより治療をすることが有効ですが、薬によって早漏を改善するほうが手軽なのでほとんどの人がダポキセチンのようなSSRIの薬を服用して早漏を克服しています。